オンラインショップ

カケス雑貨店オンラインショップ

お電話、FAX、メールでのご注文も承っております。

お気軽にどうぞ。

 

■11月の定休日

22(水),29(水)

 

住所

〒111-0035

東京都台東区西浅草3-24-2

TEL 03 (5830) 3481

FAX 03 (5830) 3482

mail:

info@kakesu-company.com

 

■営業時間 9:00~18:00

■instagram

https://www.instagram.com/kakesu_zakka/

 Facebookでも

 最新のお知らせを

 お届けしております!

  ↓↓↓

お問い合わせはこちらから

カケス雑貨店は、国内唯一の ZERO JAPAN正規代理店として、多くのアイテムを揃えております。

また、その他日本製の良質のアイテムも多数ございます。

お問い合わせ等はこちらからお気軽にどうぞ。

info@kakesu-company.com

ティーポット・カップのお手入れ

美濃焼(※1)のZEROJAPANティーカップ、ティーポットのお手入れについてご紹介します。

 

【気になる汚れ「茶渋」】

紅茶・緑茶・中国茶など、陶磁器のティーポットやティーカップを使用していて一番気になる汚れはやはり「茶渋」ではないでしょうか。 

茶渋は辞書によると、お茶を入れた後に付く、茶の垢(あか)、茶のあくと説明されていますが、茶渋となって器にこびりつくのは主にカテキン等のポリフェノール成分が酸化したものです。 

予防としてはティーポットやティーカップなどを使い終わったら早めに洗うことに尽きますが長く使用しているうちにどうしてもついてしまうものです。

【ティーポット 普段のお手入れ】


ティーポットの普段のお手入れは、スポンジの水洗いでもOKです。

本体、フタ、茶こしに分け、それぞれを下記の要領で洗ってください。 


普通のスポンジは目が粗いため、スーパー等に売られている超極細繊維のスポンジがオススメです。しかもキズも付かないため、陶器のお手入れには最適です。


スポンジに十分な水を含ませて、軽くなでる感じでこすります。 汚れを落としたあとはしっかりと水ですすいでください。

なお、できるだけ繊維のやわらかいスポンジを選んでください。



【ティーカップ 普段のお手入れ】

ティーカップは、直接口をつけるもの。またミルク等を入れることもあり、水洗いだけではどうしても油脂が残ります。

この場合は普通のスポンジに薄めた食器用洗剤を付けてサッと洗います。


茶渋が気になるときは、超極細繊維のスポンジで軽くこすると良いです。汚れを落とした後はしっかりとすすいでください。すすぎが甘いと洗剤の匂いが陶器に移ってしまうことがあり、お茶の風味を損なうことがあります。


研磨剤入りの洗剤や粉洗剤は陶器をキズだらけにする原因です。使用しないでください。



【ついてしまった茶渋・頑固な汚れ・手の届かない汚れ】

こびりついてしまった茶渋や、ティーポットの注ぎ口の中など、落としにくい汚れは、漂白しましょう。
ただ濃い漂白液につけたり、長時間の漂白は避けたほうが無難です。陶器は吸水性があり、長いあいだ洗剤や漂白剤に浸すと変色したり、他の匂いが移ってしまうことがあります。手早く洗うことがポイントです。

 

なお、ZEROJAPANアイテムのうち、貫入シリーズ(アーティザンクラックルを含む)、アンティークゴールド、アンティークシルバーは特殊加工となりますので、

漂白剤は使用できません。

【食洗機の使用について】

ZEROJAPANのアイテムは海外・国内問わずカフェやレストランなどでも多数使用されており、特殊な加工をしているもの(貫入シリーズやゴールド・シルバーカラーなど)以外であれば食洗機の使用も可能です。


ただ手洗いと比較するとどうしてもティーポットやティーカップに負荷がかかりますので、一般のご家庭であれば手洗いをおススメいたします。


また食洗機は泡立ちを抑えて油汚れを落とす構造のため高温とアルカリ剤の力を使います。このアルカリ成分はメタルマーク(※2)を目立たせる原因ともなります。

※1 美濃焼(みのやき)

美濃焼は岐阜県東濃地区を主たる産地とする陶磁器の総称で、日本の陶磁器生産量の約半分を占めており、中でも岐阜県土岐市は陶磁器生産量日本一を誇っています。
この土岐市で作られたZEROJAPANのアイテムは陶磁器の中の陶器に分類されます。陶器は素地(きじ)に吸水性があり光沢のある釉薬(ゆうやく・うわぐすり)を施したものをいいます。

 

※2 メタルマーク

陶磁器製品は金属のカトラリーが触れることで少し金属を削ってしまいます。この削れた金属は接触した陶磁器に残り、黒い汚れのようになります。これがメタルマークと呼ばれるものです。ティースプーンなど金属のものがティーカップやマグの底に触れることで、このような現象が現れます。